おもちゃ・知育 積み木・ブロック

ボールプールは0歳児にはまだ早い?楽しむには想像以上にボールが必要だけど、工夫次第でなんとかなるボールプールの魅力について。

こんにちは、双子の母ペコリーノです。

ベビーざらスでボールプールを見つけ、思わず買ってしまいました。

▼ボールプールってこんなやつです

個人的には、ボールプール=マクドナルドのイメージが強く、

とても楽しかった記憶があります。

同じようなイメージを持ってる貴方はきっと、田舎出身の三十路のはず笑

我が家の9ヶ月の双子にも、それはそれはウケるだろう、

どんな反応するのかな♪

と期待に胸膨らませ、家について早々プールを広げました。

すっかすか。

なんか、「これじゃない感」半端ない!!

9ヶ月の双子も、戸惑っていました。

楽しめない理由は一重に、

ボール50個じゃ全然足りない。

▼ボールプールなのに床が丸見え。

そう、ボールプールの醍醐味は、

ふわふわの沢山のボールの上に飛び込んで沈み込む、

その浮遊感こそにあるのです。

ボール50個=浮遊感ゼロ。ゼログラビティー。

追加でボール買うの面倒くさい、プール自体が場所をとって邪魔(←極狭住宅)、

ということで、ボールプールは早速翌日からお蔵入りしました。

え、ボール追加で買えばいいんじゃね?

という突っ込みが入りますが、

プール自体は小さく収納出来ても、ボールは小さくならない

50個のボールはボールプール内では存在感ないものの、

片付けようとすると圧倒的な存在感を発揮してくる、

不思議な物体でした。

こんなん買ったの誰だよ

マクドナルドどこだよ

と、双子父と軽く責任を擦り付け合い、

取り敢えず購入したことを忘れることにしました。

ところが。

忘れ去られること3か月、

ボールプール、時空を超えて蘇えりました!

ふとした思いつきから、小さめの段ボールにボールを入れてみると…

温泉施設できた

▼え、なにこれ、プニプニする~、と夢中な双子妹。

狭いからボールがお尻の下に来るの楽しい、動くとプニプニする。適度な圧迫感。

これ、正しくボールプールの醍醐味なり!

▼我れ先にと温泉施設に入る図

結論。

ボールプールを家庭で楽しむのは難しい笑

▼このレベルで楽しむなら鬼ほど(300個くらい?)ボールが必要。

でも、ボール自体はそんなに高くないので、要は収納スペースの問題ですね笑

▼100個買っても1,000円いかない。

 

極小住宅にお住まいの方には、

段ボールによる温泉施設を作られることをおすすめします。

子供、喜ぶよ~

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

Copyright© 双子とくらせば , 2020 All Rights Reserved.