おでかけ

銀座の遊び場!博品館のブリオ(BRIO)パークに子供歓喜。遊び放題でオススメ!

こんにちは、ペコリーノです。

 

先日、銀座にある『博品館TOYPARK』に行ってきました!

 

実は私、子供のおもちゃは基本的にはネットで検索・ネット購入派なので、おもちゃ屋さんに行くこと自体が新鮮な経験なのですが・・・

博品館にはビックラこいた!

世の中にはあんな夢のような空間が存在するんですね~^^

 

地下1階から地上4階までギッシリとおもちゃで埋め尽くされていていました・・・

ペコリーノ
いるだけで本当楽しい!

 

今回我が家のターゲットは『博品館TOYPARK』のブリオパークです!

博品館トイパーク:どこにある?

銀座!!

 

と言いながらも、かなり新橋寄りです。

銀座三越のあたりを「銀座の真ん中」と言うならば、かなり外れた場所にあります。

 

▼ほんとに端っこ!

 

それにしても、博品館のロゴが「木馬」である所に、なんとなくレトロさと歴史を感じますよね。

 

それもそのはず、博品館TOYPARK』は創業123年。

建物自体はどうも8階までフロアがあるようで、

玩具売り場は地下1階~4階に展開されていました。

都内で子育てするなら

\首都高割引のあるETCカードにしよう/

年会費・発行手数料は無料です

博品館トイパーク:ブリオパークはどんな所?

博品館トイパークの3階に、お目当てのブリオパークがありました!

 

この4階の一角が「Kids&Baby Park」というエリアになっていまして、そこは世界中からセレクトした玩具が集められています。

 

その中にあるのが、ブリオパーク

公式HPの紹介文はこんな感じです。

■ BRIO PARK(ブリオパーク)
木製レールトイ BRIO を集めた日本一の品揃えを誇る売り場 BRIO PARK は代表的なアイテムとしてあるレールウェイシステムのプレイテーブルを設置し、BRIOの魅力を余すことなく体感できる売り場となっています。
BRIO は 1884 年、南スウェーデンの町、Osby(ウズビー)で木切れのバスケット製作をしていたイヴァ・ベングソンによって創立されました。はじめてのおもちゃ「ウズビーの馬」が商品に加わったのは 1907 年でした。以来 BRIO は知育玩具であると同時に、遊びながら楽しい想像力を無限にかきたてるおもちゃであり続けています。
最良質のブナ素材で、何世代にもわたって、お楽しみ頂けるよう丹念に作られた製品は”デザイン・組み立て・素材選び・製造に至るまで何よりも品質・安全性”が重視されています。
スウェーデン王室御用達として王室でも愛されています。
博品館TOYPARKより引用

 

もう、本当、BRIOの魅力に双子はどっぷり漬かってました・・・

 

▼魅惑のジオラマ!

もう既にジオラマが組まれている(机に張り付いている)ので、

線路を組み替えたりは出来ず、列車や新幹線をレールの上で走らせることしか出来ません。

 

なのに、うちの双子は

1時間弱夢中になってた^^

 

しかもこの間、スタッフの方が近くに来ることも無く、

長時間遊んでいても何もお咎め無しです。

もちろん、無料

 

▼巨大な汽車もあり。中に座れます(子供のみ)

当然ながらベンチは無いので、

子供がブリオに夢中になる横で、大人は立ってボーっと見ていなくてはならないので、

それはそれで苦行ではあるのですが、

まぁ、あれだけ喜んで飽きずに電車を走らせる姿を目の当たりにすれば、

「連れて来て良かった」という感想を抱くはず。

 

ちなみに、最近のブリオはバッテリーで動くような少しギミックの凝ったラインも発売されていますが、ブリオパークで遊べるのは動力の無いクラシックなタイプのみでした。

 

電車や新幹線といった乗り物類はたくさん置いてあったので、

子供が数名テーブルを取り囲んでも、電車が足りない!なんてことにはならず、

皆が思い思いに線路の上を走らせて遊んでいました。

 

▼構造物は色んな種類あり

 

とにかく我が家の双子にはウケてましたね・・・

 

先のご紹介の通り自宅にもブリオはありますが、

ここまで広いスペースを使って線路の上を走らせたり、様々な構造物があったりするわけでは無いので、新鮮で溜まらなかったようです。

 

双子がブリオに夢中になっている間、

親は博品館の中を散策・・・

 

これはこれで楽しい^^

 

▼4階にはサーキット場も!これは有料。

 

世の中の趣向を凝らしたおもちゃを目にし、子供向け玩具というのが一大産業であることを改めて思い知らされました笑

 

ちなみに。

この4階のエリアには、我が家で先日購入したキュボロも置いてありました!

が、実際に手にとって遊ぶことは出来なかったです。どこかでキュボロパークとかやってくれないかしら・・・

>>>【関連記事】キュボロどこで買う?少しでも安く買う方法は?平行輸入品を購入してみた

>>>【関連記事】キュボロ買うならベーシスとスタンダードどっち?互換性のある製品はコレ

 

1時間弱ブリオで遊ばせていただき、ホクホク気分で博品館を後にした我が家が向かったのは・・・

博品館の近くでベトナムランチ

博品館から徒歩数分、ニャーベトナムでランチです!

 

え、子供でもベトナム料理いける?と疑問にお思いになられるかもしれません。

 

しかしよくよく考えてみると、

鶏肉のフォーって、「かしわうどん」のベトナムバージョン!!

(ちなみに、写真は鶏肉のフォーでは無く、私が頼んだフォトジェニックな麺です笑)

 

子供、好物です。

今回はこちらのお店で鶏肉のフォーを頼んだのですが、麺がしっかり入ってまして、とても良かった。

 

ソファー席あり、子供用の食器類あり、ドリンクバー付き、銀座だけど空いている

とファミリーフレンドリーなお店でもありました。

 

美味しかったし、ゆっくり出来るし、おすすめです^^

番外:ユニクロにも子供の遊び場あり

以前プランタン銀座が入っていた建物が現在はユニクロになっているのですが、

そこの4階の一角に子供の遊び場があります。

 

そんなに規模は大きくなく、絵本が置いてあったり、机と椅子があったり、お絵描きコーナーがあったりと、一息つける場所になっています。

 

ここも子供のガス抜き(?)のために立ち寄るスポットとしては、有りですね。

ただ、目的地として設定する程の規模感はありません。

ペコリーノ
室内で走り回れる貴重な場所です!

 

では、今回の記事はこの辺りで。

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました☆

では、またねー

 

>>>【同じく銀座周辺の遊び場なら】築地クリップが楽しい!どんなアート遊びが出来る?予約は必要?行ってみた感想

 

都内で子育てするなら

\首都高割引のあるETCカードにしよう/

年会費・発行手数料は無料です

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-おでかけ

Copyright© 双子とくらせば , 2022 All Rights Reserved.