日々のあれこれ

ホットクックでもっと蒸し料理を!付属の蒸し板より使いやすいピッタリな蒸しカゴはコレだ!

こんにちは、ペコリーノです。

 

ホットクックに生かされている、我が家。

 

ホットクックで色んな料理を作りますが、最近ハマってるのが蒸し料理。

 

蒸し料理を作る時って、ホットクックに付属する"蒸し板"を作るのが一般的だとおもうのですが、これって若干使いにくいと思ったこと無いですか?

▼付属の”蒸し板”

今回は、付属の”蒸し板”では無く、”蒸しカゴ”を使うと、ホットクックの蒸し料理のバラエティが格段に広がったので激しくおススメしたい!そんなお話です。

ホットクックにシンデレラフィットした、我が家の蒸しカゴ

それがこちら!!

我が家では1.6リットルタイプのホットクック(旧式)を使用しています。

それになんとですね、ゼロ活力鍋に付属してきたステンレス製の”蒸しカゴ”が、まるでホットクック用に作られたかのごとくシンデレラフィットしたのです。

▼取り出すとこんな感じ

▼足つき

というか、一瞬話は逸れますが、ゼロ活力鍋ってご存知ですか?

私は実家でフィスラー製の圧力鍋を永年使っていたのですが、ゼロ活力鍋に変えてその使いやすさに脱帽しました。

日本製でアフターサポートもしっかりしてるし、何より、圧力のかかり方が半端無い!実母の感覚的には「今まで使ってたフィスラーの圧力鍋の半分の時間で出来た」だそうです。

ゼロ活力鍋のおススメポイントについては語りたいことが山ほどあるのですが、今回はホットクックの話なのでまた今度…

話は戻りまして、私はホットクックと併用して、ゼロ活力鍋の”Lスリム”タイプを使用しています。数年前までは本体(ゼロ活力鍋)を購入すると、アクセサリーがわんさか付いてきて、この”蒸しカゴ”についても、特に望まれず(?)我が家にやってきました。(ちなみに今はセット販売はあまりしていない)

そしてこの、

ゼロ活力鍋”Lスリム(4.0L)”タイプ専用の”蒸しカゴ”がホットクック(1.6L)にシンデレラフィーッット!!

ペコリーノ
気付いた時は感涙ものw

▼こちらです。

こちらの製品スペックはですね、

外径18.4センチ×高さ10センチ

です。

 

そしてホットクック(1.6リットル)のステンレス製鍋の内側の直径は19センチ。

 

なので、絶妙な具合ではまりました!

逆に言うと、このゼロ活力鍋スリムL(4.0L)専用の蒸しカゴと近いスペックの蒸し器ならば、同様にシンデレラフィットすることが考えられるのですが、

探すと本当、無いんです…

ペコリーノ
持ち手がついていたり、取っ手が飛び出ていたり…

▼こんな風に持ち上げることが出来るので便利さ半端ない

ちなみに!

似たような商品で直径19センチのものは見つけました。

が、おそらく19センチのものはホットクック(1.6L)には入らないです。

何故ならホットクックの内鍋の内側の直径が19センチだったから…

ペコリーノ
思ったより選択肢無いんだよね…

ホットクックで蒸し料理、その実力は?

ホットクックの蒸し機能って、他の多彩な機能に隠れて鳴りを潜めている(と私は勝手に思っている)のですが、

 

ホットクックの蒸し機能、マジで使えます。

 

ホットクックの蒸しモード、鍋で蒸しあげるのと同じように、たっぷりの蒸気で蒸されます!

なので、我が家ではちゃんと蒸すと美味しい料理:シュウマイ、蒸しパンは絶対ホットクックの蒸しモードで作ります。

幼児二人が、ホカホカの蒸しパンが大好きなので、先に紹介した蒸しカゴにキッチンペーパーを適当にひいて、大きな蒸しパンをドカーンと作り、小分けにして冷凍しています。

ペコリーノ
マーラーカオもよく作るよ~

蒸し料理ってコンロで作ると、空焚きにならないかハラハラしてしまうものですが、ホットクックならそんな心配は不要。

 

蒸し料理をしているのに、台所から離れられます。

 

子供がいると何かと料理に集中できないので、ホッといても火事にならないホットクックは本当に強い見方!

ホットクックでの蒸し料理に”蒸しカゴ”をおすすめしたい理由

ホットクックの蒸し機能の素晴らしさは以上の通りなのですが、これ、付属の”蒸し板”では存分に発揮されない、と私はおもっちえ増す。

蒸し野菜って「如何に食材を水に付けずに蒸すか」が美味しさの決め手だと思うんですが、蒸し板を使う場合、蒸しあげた後の食材の引き揚げが難しい

付属の蒸し板を使う場合って、

鍋の中の食材をトング等で摘んで出す or 鍋を傾けて他のザルなどに移し替える

何れかの選択となると思いますが、柔らかい食材をトングで摘むのって難しいし、モタモタしてると余分に火が入っちゃうしで困難。

鍋を傾けてザルに移し替えようとすると、ホットクックの内鍋に入れた水(蒸しあがった段階では熱湯)に付かってしまう!

 

ニンジンなど固めの野菜であれば、蒸し板使用で蒸しあげても、見た目・味ともにそんなに変なことにならないと思いますが、

ブロッコリーやじゃがいもといった柔らかくなる野菜や、不用意に摘むと形が崩れるシュウマイなどは蒸しカゴを利用した方が断然美味しく作れる印象です。

ペコリーノ
蒸しカゴが便利なので蒸し板は使わなくなった!

▼ブロッコリー1株。2株はイケると思う。

ホットクックで蒸し料理~まとめ~

我が家と同じホットクックをお持ちならば(容量1.6L、ステンレス内鍋)、先にご紹介した蒸しカゴがシンデレラフィットします!

ペコリーノ
念のため、お持ちのホットクックの内側の直径が19センチか確認してね

シンデレラフィットする蒸しカゴはこちら。

ひょっとしたら町の金物屋さん(大きなスーパー)とかだと色々種類があるかもしれないので、探してみるのも良いかもしれません!

その際サイズには十分お気をつけて!余計な付属物(突起物)とか無しで、外径18.4センチ×高さ10センチに近ければ入るかもしれません。メジャーもって行きましょう。

 

ホットクックで蒸し料理を激しくおススメする話は以上となります。

では、またねー

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-日々のあれこれ
-

Copyright© 双子とくらせば , 2021 All Rights Reserved.