おでかけ

汐入公園の大型遊具は2歳児・3歳児でも楽しめる?スリル満点なので大人も覚悟が必要

こんにちは、ペコリーノです。

冬の間はついつい室内遊具に頼って遊びがちなのですが・・・重い腰をあげて、荒川区にある『都立汐入公園』に行ってきました!

 

私の中では、『汐入公園』といったら隅田川花火大会の観覧穴場スポットという認識だったのですが、子供が産まれて改めて調べてみますと、なんじゃこりゃあ、というレベルの大型遊具を発見。

 

そう。

汐入公園はその大型遊具で超有名なんです!

ペコリーノ
川の向こうの高速道路の上からでも判るほど目立っています

子供が0歳・1歳の時はそんなに縁が無いかなと思っていたのですが、もう子供も3歳になりましたのでそろそろ良いだろう・・・と言ってみました。

 

端的な感想としては、

めちゃくちゃ楽しいけど、2歳・3歳の子供には、独りで遊ばせることは出来ない=大人も一緒に駆け回ること必須なスポットかなと思いました。

 

今回は、大型遊具で有名な汐入公園で幼児が遊べるか?とレビューしたいと思います。

「汐入公園」ってどこ?

高速道路の料金所からほど近く、都心からのアクセスは良好

隅田川沿い・スカイツリーがよく見える場所に位置します。

 

荒川区というと下町のイメージがありますが、狭い道を通ることなく公園に辿り着くことが可能です。

 

都内で子育てするなら

\首都高割引のあるETCカードにしよう/

年会費・発行手数料は無料です

汐入公園の駐車場事情

車で行くとなると気になるのが駐車場代ですが…

駐車場代は普通。

 

1時間まで300円、以後20分毎100円
入庫後12時間最大1,200円(繰り返し)
ペコリーノ
お支払いには交通系マネーも使えました!大型紙幣は使えないようなので注意

 

汐入公園には二箇所駐車場があるのですが、大型遊具に近い駐車場は汐入公園第二駐車場(北)となりますのでご注意ください。

 

そして、駐車可能台数は泣きの27台。

ちょっとドキドキする台数なので空き状況をリアルタイムで確認してから行くことをおススメします。でも、日曜日の11時近くの時点でまだ数台空いたていたので、そんなに混む駐車場では無いのかもしれません。

汐入公園の遊具広場を解剖します!

有名なのがその大型遊具。通称ツインタワーです。

 

こちらのツインタワーの部分は内階段の作りになっていて、そこから2階建てより少し高い部分に円形に設置された通路(?)に出ることが可能です。

 

▼円形になっていて走り回れる

 

そして、老若男女がこの宙回廊で走り回ります

 

例によって我が家が訪れたのは朝9時くらいでしたので比較的空いていましたが、11時近くになると宙回廊が大混雑していました!子供+大人でみんな思い思いに走っておりました!

ペコリーノ
子供は高い所を走るのが大好きですもんね!

 

ツインタワーの中にある梯子の部分を登ると、写真の最上部にある青い円形の部分にも出ることが可能です。

ただ、我が家の双子妹は「怖いから、行かない!」と梯子を登るのを拒否

 

この梯子がなかなかの高さがありまして、3歳児が尻ごみするのも納得。手を滑らせて落ちてしまうと怪我をする高さを登りますので、大人一人以上の介助は必須です。

 

子供が勝手に登ってしまうと、一人では降りられない状況になりますので、2歳・3歳の子供と行く場合は大人の付き添いが無いとダメですね・・・

 

また、宙回廊にはツインタワーから階段で登るという方法の他に、ネットを使ってよじ登る、という方法もあります。

▼最後の方は急斜面

最近は、より危険の無いように、より安全に配慮した結果、スリルという観点が欠如した遊具が多い世の中ですが・・・珍しく子供の身に危険を感じました(汗)

 

手や足を踏み外すと真っ逆さまに下に落ちてしまう!ということは無く、コロコロ転がって下には辿り着くのだとは思いますが、その間に他の子を巻き込んでしまったり、大丈夫なのだろうか・・・

と本気で心配になりました。

 

でも、この遊具で遊び慣れていると思われる地元の子供達は小さい子だって、ひょいひょいっとこのネットを登っていきます。

過保護な遊具に慣れすぎて、あまり免疫が無い我が家なのでした・・・

最新の遊具は超過保護
【関東・子供とおでかけ】豊洲ぐるり公園/人が少なく遊具でたっぷり遊べて穴場!

続きを見る

 

親(私)目線では、スリル満点の公園でしたが、3歳の双子はめちゃくちゃ楽しかったようで、宙回廊を何週も走っていました。

ペコリーノ
河川敷ということもあり、開放的な雰囲気でした

汐入公園には大型遊具以外にも遊具がある

大型遊具(ツインタワー)ばかりが注目される汐入公園ですが・・・

 

他にも遊具がたくさんあります!

ツインタワーの近くの広場の部分、宙回廊の下部分に幼児向けの(少しくらい目を離しても安心な)遊具がありました。

 

▼定番のロッキングチェアーもあります

子供用のトイレあり&自販機あり

中の写真までは撮らなかったのですが・・・大型遊具の目の前にあるトイレには、なんと子供用のトイレがありました!

 

トイレの横にはアイスの自販機&飲み物の自販機がありました。

ペコリーノ
至れりつくせり!

でも、公園の近くや公園内には食べ物を買うことが出来る場所はありませんので、持参が必要です。

汐入公園~まとめ~

噂の大型遊具はスリル満点でした!

 

宙回廊部分は誤って落ちないよう柵がグルリと設置されてはいるものの、ネットでよじ登る部分はオープンで危険だったりしますので、

2歳・3歳の子供が遊ぶ場合は大人は一瞬も目を離すことは出来ないと思います。

ペコリーノ
もう少し大きくなったら一人でも遊べるかもしれませんが・・・

 

なので、大人も体力を消費することを覚悟して訪れるのが良いと思います笑

 

もちろん近くには幼児用の遊具もありますので、大型遊具の方で無理に遊ばせないのも良いかもしれませんね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

では、またねー

関連記事【関東・子供とおでかけ】ここは奥多摩?と錯角するほどの自然。四季の森公園は駐車場以外パーフェクト! 

関連記事【都内で子育てするなら】ETCマイレージサービスとイオン首都高カードのダブル使い! 

都内で子育てするなら

\首都高割引のあるETCカードにしよう/

年会費・発行手数料は無料です

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-おでかけ

Copyright© 双子とくらせば , 2022 All Rights Reserved.