日々のあれこれ

パスコードを入力した回数が多すぎます…Apple Watchにメッセージが表示された時の対処法

2020-02-27

こんにちは、ペコリーノです。

育児と言えばApple Watch。投げても舐めても大丈夫。

と、過信していました。

赤児に渡したら、一瞬で見たことないメッセージ表示された。

なんか深刻そうで怖い!

一瞬焦りましたが、ものの15分ほどで復元出来ましたので、今後の備忘として綴ります。

リセットはiphoneからしか出来ない

リセットしてください、と言われても、この状態のApple Watchはどのボタンを押しても反応せず…

久しぶりにiPhone本体のApple Watchのアプリ開きました。

▼アイコンがシンプルすぎて見失いがち…

Apple Watchのアプリを開き、『一般』>『リセット』で進む。

恐る恐る『リセット』をタップ。

次々と以下のメッセージが表示されていく。

『Apple Watchのコンテンツと設定を消去』
>Apple Watch上のすべてのメディアとデータを消去しすべての設定をリセットします。
>『すべてのコンテンツと設定を消去』
>続けてもよろしいですか?Apple Watch上のすべてのメディアとデータが消去され、すべての設定がリセットされます。
>『すべてのコンテンツと設定を消去』

までは躊躇なく進めたものの…

なんか怖いメッセージきた!!!

冷静になって考えてみると、Apple WatchのモバイルSuicaってApple Payとして登録してるんですよね。

『Apple Payに接続』を選び、その後も指示の通りに進みます。

モバイルsuica残高の運命は?

リセットが完了すると、再度ペアリングが要求されます(iPhoneの近くにApple Watchがあると検知される模様)。

ペアリングを進めると、あら、バックアップから復元できるの!?

その後Apple IDやパスコード等の設定を進めると、あ、Suicaの文字が!

残高もそのまま引き継がれていました!

PayPay残高の運命は?

PayPay開いてみたら、こんなメッセージが表示されました。

iPhoneでログイン!?わからずPayPayのアプリ開いていたら、使えるようになりました。

ログインっていうから、何かApple Watchの特別な設定にでもログインするのかと思いきや、アプリを開くだけでいいのね。

LINEも再設定が必要…

LINEはリセット後も通知機能(Apple WatchでLINEメッセージを受信した時に内容を確認したり返信したりする)は使えましたが、

Apple WatchのアプリケーションからLINEを起動することは出来ませんでした。

▼LINEをアプリケーション一覧から起動させてみる

なんかまた、見たことないメッセージ表示された!ので、指示に従ってみる。

『QRコードログイン』ボタンを押してみると、QRコードが出てきた。

これをスマホのLINEアプリで読み込ませてみると…

スマホの方で『ログインしますか?』と聞かれる。迷わずログイン。

Apple Watchの方で4桁の認証番号が表示される。

スマホに認証番号を入力する。

無事できた!おしまい!

まとめ

パスコードがロックされて、最初は焦ったけれど、Apple製品ってやっぱり便利。リセットしての再ペアリングがこんなにもスムーズにいくとは…

Apple製品同士の連携がものすごく良いから、一度Apple経済圏に入ると抜け出せないし、人にも勧めたくなる。ジョブズの思う壺ですね。

リセットしての再ペアリング、特に大きな負担無く出来ますが、

パスコードロックを未然に防ぎたい方はこちらのリンクをご参照ください。

Apple Watchのチャイルドロックに!防水モードの設定&解除手順を解説します

そういえば最近面白いアイテムを見つけまして。

Apple Watchの電池の寿命って1日ちょっとくらい(私の持っているシリーズ4でさえ)。

充電が切れると時計としての機能すら果たさないという衝撃的な時計。

これがあれば、そんな悩みを解決してくれるかもしれません。

▼Apple Watch用のモバイル充電器!!

わざわざキーホルダーをつけたあたりが、ちょっと可愛いよねー

おすすめ記事
子供に邪魔されないで集中出来るクローゼットテレワークのススメ。在宅勤務を快適にするアイデアを紹介します。
  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

Copyright© 双子とくらせば , 2020 All Rights Reserved.