ホットクック

ホットクックで作るローストビーフ。低温調理もお任せホットクックはやっぱり凄い。

2020-05-08

こんにちは、ホットクック伝道師のペコリーノです。

いやぁ、今日はホットクック様に一日中働いてもらいました。

人参スティックを作っていただき、間髪入れずローストビーフ、おまけに『あんこ』まで!

手作りあんこはこちら
ホットクックで甘さ控えめあんこを手作り。作業時間1分で完成した、コーヒーに合う極上あんこについて。

機械って人間と違って、疲れた!休ませて!って文句言わないからすごい。

でもいつか『故障』という形でグレるんだろうなぁ…

ホットクックで作るローストビーフ:材料

材料

  • 牛モモブロック
  • たっぷりたまねぎ酢
  • にんにくチューブ
  • 醤油
  • ハチミツ

ホットクックで作るローストビーフ:作り方

全材料をジップロックに入れて、ぬるま湯をはったホットクックで手動発酵65度3時間。以上。

一行レシピキタコレ!

漬け汁の量はお肉全体が軽く浸かるくらい。

▼こんなもんでOK。熱を入れると肉汁も出てくる。

我が家ではタマネギドレッシングが余りすぎてミツカン ビネガーシェフ たっぷりたまねぎソースを使用しましたが、

醤油ベースにニンニクを入れて、甘辛方面に持っていけば、なんでも煮汁になると思います笑

ヨシダグルメソースなんかでも絶対美味しく出来ると思う。

▼これかけときゃ間違いない、ヨシダグルメのタレ

ホットクックで作るローストビーフ:その出来栄えは…?

待つこと三時間。夕食時まで時間があったので、室温(20度くらい)に放置すること2時間。

できあがったものがこちら。

うん、良い良い!断面良し!味良し!

しっとり桃色のデパ地下で買うようなローストビーフが出来ました。

とここまで書いて気づきましたが、

ローストビーフなのにローストしてない。

焼き色がついているように見えてますがこれ、醤油の色です…

最後に表面だけサッとフライパンで焼けば、名実共にローストビーフとなることでしょう…

洗い物増えるからやらないけど。

牛肉はオーストラリア産?アメリカ産?選べるならどっち?

選べるなら、アメリカ産がおすすめ。

一概にそうとは言えないかもしれませんが、

アメリカ産=穀物飼育(トウモロコシとか)

オーストラリア産=グラスフェッド(牧草)

育ちであることが多いみたい。

アメリカ産の方がエサ代がかかるので高い傾向がありますが、その分美味しい。

でも今回オーストラリア産牛で作ったけれど、美味しく出来ました!

低温調理だったらあまり差が出ないのかもね。

少しだけ手間をかけてみるなら

ジップロックに出来た煮汁をそのままかけて食べても良いけど、

フライパンでバルサミコ酢をちょいと煮詰めて、バターを溶かして、煮汁を少し混ぜたらば、

即席でお店みたいなソースが出来ました!

それにしても666グラムで1,600円って安いなぁ…これだけの塊のローストビーフ、買ったら幾らするんでしょ。

味変するなら

伝家の宝刀、塩とワサビ!!

私は、こういった『塩で食べる』系のガツンと料理にはフルール・ル・ド・セルを使うことにしています。

フルール・ル・ド・セルは少し値は張りますが、『つけ塩』として良い働きしてくれます。ロングリピート中。

あそういえば、こういった低温調理レシピによくあるディスクレーマーを。

必要に応じてもっと火を通してください、自己責任でよろ

私はこのレシピで美味しく食べて健康ピンピンしてますが、一応、ね。

 

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

Copyright© 双子とくらせば , 2020 All Rights Reserved.