育児グッズ

牛乳パックで高さ15cmの低めの椅子を作ろう。1歳児も床にしっかり足のつく椅子を作ったらば大ウケした話。

こんにちは、ペコリーノです。

我が家の双子は1歳とちょっとで、身長75cm前後です。

お話の時とかおやつの時とかに簡単に座れる椅子が欲しいなー

と思って色々探しているのですが、

市販されている豆椅子は高さが調節できず、足が宙ぶらりん。

足が落ち着かないので大人しく座っていてくれません。。。

なので、牛乳パックで自作することにしました。

牛乳パック椅子の作り方、巷に溢れていると思うのですが、

私は

低めの牛乳パック椅子

を作ります!!

強度を保つための工夫もあるので、見てみてね。

牛乳パックを6個集める。

先ずは牛乳パック集めからですね。

我が家は双子で、一日一人200ml牛乳飲むのでそれなりに牛乳の消費量は多い方ですが、

それでも牛乳パックを集めるのには、それなりに時間がかかりました。

一人っ子世帯だと遅々として進まないこと、お察しします…

我が家の双子は1歳とちょっとでオムツはMサイズ。小尻です。

なので、取り合えず6個分で作ります。

ハニカム構造目指します。

大尻化してきたら増殖させるつもり(その間に牛乳パックも溜まるだろう…)。

牛乳パックの椅子は成長に応じてカスタム出来るのも良いですね。

牛乳パックを切り開く。

牛乳パックの底面の切り方大事!

椅子作り専用の切り方をします。

いつもやってる切り方じゃありません。

▼辺に沿ってでは無く、斜めに切り込み!最大のポイント。

▼底面の対角線上を切る。

牛乳パックを切って高さを調節する。

と、このままの状態で牛乳パック椅子を作ることは勿論出来ます。

高さ調節をしない牛乳パック椅子は、高さ19cm強になります。

が、私は

1歳児が座ってしっくりくる高さの椅子

を作りたい。

なので、高さを調節します。

双子が腰掛けている姿を観察してみると(窓のサンの部分とか階段とか)、

どうも椅子の高さが15cm程度だと足裏が床に設置し、満足そうにしている(←ドヤ顔している)。

▼15cmの所でスパっと切る。

▼組み立てやすいように、余分な所を切る

組み立てる。

強度を保つために特殊な組み立て方をします。

▼余分な部分を切り落とすのでは無く、重ねて強度を保つ。

▼テープで仮止めする。

組み立てる。

組み立てる時にテープでぐるぐる巻きにするので、三角柱を作る団塊では

セロハンテープで仮止めする程度で大丈夫です。

百均で買った布テープを惜しげなく使おうと思います。

▼目指せ、ハニカム!

その後もぐーるぐると布テープを巻きつけます。

完成。

高さ15cm、六角柱形状の椅子が完成しました。

上面、下面にダンボールを切って貼り付ければ更に強度が増すかもしれませんが、

面倒(+今度増殖予定)なので、今回はしていません。

百均のテープをぐるぐる巻きにするだけでけっこう強度あります。

もちろん大人が乗っても潰れない。

▼色テープの誘惑に打ち勝ち、部屋馴染みの良さそうな白テープを選択。

座り心地はいかが?

狙い通り、足裏が床にしっかりとつきます!!

座りやすいらしく大喜びでした!

でも六角形だと椅子自体が転がりやすいので、やはり将来的には増殖予定です。

最終形態って牛乳パック24個必要なんだけど。

さて完成はいつになるのでしょうか…??

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

Copyright© 双子とくらせば , 2020 All Rights Reserved.