育児・時短

長く使える&もらって嬉しい育児グッズ!『エイデンアンドアネイ』のおくるみは出産祝いにもおすすめ

こんにちは、ペコリーノです。

 

「長く使えて、もらって嬉しかった育児グッズは何ですか?」

と聞かれたら、

私は

「エイデンアンドアネイのおくるみです」

と即答することが出来ます笑

 

おくるみ=新生児/赤ちゃん期に使う物

期間限定的なイメージがあるせいか、

 

「おくるみ」とネットで検索すると、

予想キーワードとして「おくるみ いらない」なんてのが、出てくる程、

世の中的には評価が分かれるところ・・・

 

しかし私は、あくまで「おくるみ」が良いと言っているのでは無く、

エイデンアンドアネイのおくるみが良い

と言ってますので、ちょっと違います。

ペコリーノ
おすすめは、エイデンアンドアネイに限定です!

 

我が家のエイデンアンドアネイのおくるみコレクションですが、実は5つも持ってます。

▼全部、ほぼ毎日使ってる

 

これからパパさんママさんになる人には是非、

このエイデンアンドアネイのおくるみの魅力を知ってもらいたいし、

既にパパさんママさん歴数年の方にも

あ、今の育児のプチ悩み、これで解決出来るんだ!

ことを知って欲しい。

 

そんな感じで、今回の記事では、

我が家で新生児期から3歳に至るまでヘビーユーズしている

エイデンアンドアネイのおくるみ

使い勝手の良さについて、詳細にご紹介したいと思います。

エイデンアンドアネイ(aden+anais)って、何?

こんなにおすすめの育児グッズなのに、

日本ではどうしても

知る人ぞ知る

状態になっている理由、それは一重にブランド名が覚えにくいから』に尽きると思います。。

 

えいでん あんど あねい

 

こんなの、我々日本人、簡単に暗記出来ないですよね笑

 

「あの横文字のー、エデンの森的なブランドねー(←私は初めて聞いたとき、こう感じた)、思い出せないから、いっかー」

となるのが、関の山です笑

ペコリーノ
ブランド名に馴染みがなさすぎる!

 

ブランド名よりも、英国王室御用達というキーワードの方がメジャーかもしれません。

つい最近では、あのイギリス王室のキャサリン妃も育児の際に愛用していた、というニュースが一世を風靡しました。

ペコリーノ
そう聞くと・・・欲しくなっちゃうよね笑

 

まぁ、それは置いておいてもう少しこの、エイデンアンドアネイについて説明します。

 

aden + anaisは、

2006年にニューヨークで立ち上げられた

ベビー&キッズライフスタイルブランド

です。

そこまで手広く商品を展開している訳では無く、

  • スワドル(おくるみ)

がメインラインナップで、

他、

細々と

  • ビブ(よだれかけ)
  • ブランケット

等を展開しています。

 

詳細のラインナップについてはエイデンアンドアネイ公式ショップをご覧ください。

ペコリーノ
赤ちゃん期から使用できるファブリックのブランドです

 

さて、ブランドの紹介はこれくらいにしまして、

エイデンアンドアネイのおくるみを3年以上実際に使用してみて、

どんな風に活用してきたのか、どんな点が良いと思っているのか

ご紹介していきたいと思います。

エイデンアンドアネイ:おくるみとして使用

はい、新生児期はもちろんくるんでおりました!

 

エイデンアンドアネイの定番の「クラシックモスリン」のおくるみは、

もちろん綿100%(他の製品もそうです)。

 

ガーゼ生地よりも、もっと木目細やかな肌触りで、

サラっとしていて、通気性良し

 

薄手なので、包まれている感覚はあっても暑くない(寒い場合は重ねればオケ)ということで、

なんか快適そうでした。

▼抱っこ紐と合わせて使ったり・・・(これは1ヶ月検診の時の写真)

▼新幹線での移動の際にも使用

>>>【関連記事】双子・早産の我が家では必須だった横抱き抱っこ紐。小さめの新生児でも安心な横抱き抱っこ紐をもっとオススメしたい話。

 

▼クリオネ兄弟(これはNICUから退院して初めて家にやってきた日の写真。涙)

エイデンアンドアネイ:気兼ねなく洗える・すぐ乾く・乾燥機使える

こちらのエイデンアンドアネイのおくるみの重要な特徴の一つは、

洗濯が容易

という点だと思います。

 

洗濯機も乾燥機もへっちゃら。

乾燥機にかけても、皺が気になるなんてことは無いです。

ペコリーノ
手で干す必要が無いので、とても楽です

 

汚れても気兼ねなく洗えるので、オムツ替えの時にも下に引いていました。

▼赤ちゃん特有のWMポーズ!!

 

現在は保育園でのお昼寝用ブランケットとして使用しています。

保育園って、ちょうど良い暑さ寒さに空調が整っているので、

エイデンアンドアネイのおくるみの薄さがちょうど良いんですよ~

>>>【関連記事】【劇的】乾燥機のお陰で保育園準備が楽になった!保育園着、乾燥機OKなもの・乾燥機NGな物について

エイデンアンドアネイ:丈夫な生地

生地が丈夫なので、おくるみ以外の用途にも我が家ではけっこう登場します。

 

この写真は、以前ビーズクッションを洗濯した時の写真ですが・・・

けっこう手荒に扱ってもビクともしません。

>>>【関連記事】ビーズクッション・おやすみたまごの洗濯。オキシクリーンで生乾き臭を撃退!

 

▼我が家では洗濯のシーンにもよく登場する

 

たとえば、手洗いをした洗濯物を脱水したい!というシーン、よくあるじゃないですか?

脱水の対象は

おしゃれ着だったり、スニーカーだったりする訳ですが、

型崩れ等を防ぐためにタオルに包んで洗濯機に放り込むのが普通だと思います。

 

でもこれだと、

タオルが塗れるのでそれを乾かすひと手間&時間がかかる。

 

一方で、エイデンアンドアネイのおくるみだと、

おくるみ自体が直ぐに乾くので、けっこう気軽に出来ます^^

エイデンアンドアネイ:軽いしコンパクトだけど広げると大きい

ご覧ください。

 

3歳児も余裕の大きさ!!

 

夏の間も大活躍です。

 

逆に体調が悪い時なんかは、複数枚重ねればあったかいです。

▼軽いので、重ねても快適。

 

軽いのに広げると大きいので、

生活のあらゆるシーンで活躍しています。

 

車に乗る時に日差し除けなんかにも

使っています。

 

いわんやベビーカーをや。

 

出かけるとき、隙間に一枚忍ばせておくと(うちは双子なので二枚ですが)、

出先での困った!に何かと対応できるので、

3歳になった今でも、本当に重宝しています。

エイデンアンドアネイ:生まれた年の干支の柄がある!!

エイデンアンドアネイのおくるみに関して唯一後悔していること、それは・・・

 

子供が生まれた年の干支の柄を買いそびれた!!!

ことです。

 

うぇーん、こんな情報知らなかったよ><

 

干支グッズってあまり買うこと無いと思うんですが、

これだけは入手したかった・・・!!!

 

このままいくと、双子が大人になった時も使ってそうですので、

自分の干支の柄だったら、尚更思い出深いものだったろうなぁ・・・と。

 

今回の写真は「寅年」のものを乗せてますが、

毎年『Year of the baby』モチーフとしてエイデンアンドアネイ公式ショップで出されているようなので、

今後も要チェックです。

 

我が子用には買いそびれましたので、

人への出産祝いに購入しました。

ペコリーノ
出産祝いにもちょうど良い価格帯ですよ!

エイデンアンドアネイ公式ショップで購入するときちんとラッピングしてくれるので、出産祝いに◎です。

 

▼せっかくラッピングした届いたのに、中身が見たくて出しちゃいました・・・かわいい・・・やっぱり、自分の子供の干支の柄も、欲しかったグスン

エイデンアンドアネイ:柄のラインナップが豊富

もうお気づきのこととは思いますが・・・

エイデンアンドアネイのおくるみ、柄がめちゃくちゃ可愛いのです。

 

さすがニューヨーク生まれ!

と一言で片付けてしまいますが、

他にも夢のような柄のラインナップがありまして、

全部欲しくなっちゃう。

 

▼鬼ほどの柄ラインナップ(これでも一部)

 

もう5枚あるから、流石にこれ以上は買わないけど・・・

 

ちなみに、一人何枚必要ですか?

と聞かれたら、2枚以上とお答えします。

 

あっという間に乾くので、一人1枚でも良いんですけど、

2枚あれば先にご紹介のとおり、重ねて使えますし、

たとえば1枚は保育園用、1枚は自宅用とか場所毎に使うことも出来ますし、

最低2枚あると便利かなと思います。

▼2枚セットもあるよ

エイデンアンドアネイ:一番長く使っている育児アイテム

我が家ではこんな感じで、

エイデンアンドアネイのおくるみを

ずーっと使用しています。

 

実は私も使用していまして、

夏の暑い時期、子供から1枚借りましてお腹にかけています。

 

先日みたら、双子父もお腹にかけて、寝ていました。

 

なので、4人家族(子供二人+大人二人)だったら、

エイデンアンドアネイのおくるみ、6枚くらいあっても良いのかもしれません笑

 

子供の成長に伴って、育児グッズやおもちゃが様変わりする中で唯一、エイデンアンドアネイのおくるみだけは未だに我が家でトップの市民権を獲得し続けております。

すごい。

 

気になる人はチェックしてみてね。

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました☆

では、またねー

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-育児・時短
-

Copyright© 双子とくらせば , 2022 All Rights Reserved.