日々のあれこれ

リモートワークを快適に!を追求し過ぎた男がおすすめする在宅勤務アイテム

こんにちは、ペコリーノです。

 

今回は子供や私の話では無く、登場頻度の少ない我が家のメンバー:双子父の、男のこだわりの話です。

 

主人の在宅勤務が始まって、かれこれ2年近くが経過しました。皆さん経験されていることと思いますが、在宅勤務グッズが増える増える増える・・・

 

しかも、リモートワーク開始当初は『一時的』と思って適当なアイテムをその場しのぎで買ってしまった物も多く、買い替えも多数発生。

 

内心、「コイツ、めちゃくちゃ買い換えるな」とは思ったのですが、まぁ状況も状況なのでここは目をつぶりました。

 

無駄になってしまった物も多かったのですが、思い切って買い替えをしたことで、

現在の我が家の在宅勤務環境は相当レベルの高い状況にあるものと思われます。

ペコリーノ
双子父のリモートワーク環境の改善にかける情熱はものすごかった笑

 

今回は、『リモートワーク環境の構築に一家言ある男』の証言を元に、自慢のリモートワークスペースと在宅勤務を快適にするアイテムをご紹介させていただきます。商品リンク多目です。

我が家の在宅勤務環境はこれだ!

これぜーんぶ、リモートワークが始まってから購入しました(しかも買い替えた物も多数)。

 

列挙しますと、

  • 電動で高さ調節が出来る机
  • オフィスチェア
  • 机に固定出来る動くライト
  • ディスプレイ用稼動アーム
  • PC台
  • USBポート増加ハブ
  • 良いキーボード
  • 保温マグ
  • スマホ立て
  • ワイヤレスマウス
  • パネルヒーター

 

うん・・・やり過ぎだよね、うん笑

 

しかも自腹です。

なんか私的には、『数少ない夫の趣味』みたいなもんだと位置づけ、好きにさせておきました笑

ペコリーノ
止めても聞かないので、生暖かな目で見守るスタイル

電動で高さ調節が出来る机

恐らく全てのアイテムの中で、こちらが最も価格の高い製品である気がします・・・

 

購入したのは、山善の電動式デスク。

私、山善というメーカーは『良い物をちゃんとした価格で売っている』メーカーという印象を勝手に抱いているのですが、こちらはかなりしっかりした作りのもので、『お・値段通り』でした笑

 

この電動式デスクに対しては、男のこだわりがあるそうです。

 

ー「こちらの、電動式デスクを購入したキッカケはなんですか?」

ー「ずっと座りっぱなしは、健康に良くないんですよ。知らないんですか?心臓にも負担がかかると聞きます。NYで働いていた時の同僚たちは、みんな立って仕事をしてましたね。外人は、そういう人が多いです。机の上に、高さ調節が出来る機械を置いてるんです。座りっぱなしは、良くない」

ー「それならば、時々休憩で近くを散歩したら、どうですかね?」

ー「・・・。」

 

▼高さは4段階で調節可能。自分の身長に合わせて設定が可能。メモリー機能があるので一度設定したらその高さを覚えてくれるので便利とのこと。

▼こんな狭いスペースで仕事をしているのは可哀想ですが、工夫次第で快適なスペースに。

オフィスチェア

仕事用の椅子については、私の記憶が正しければ三代目であるような・・・

 

現在はニトリのオフィスチェアを使用しています。ニトリは楽天でもAmazonでも買えて便利ですね。

 

ー「ニトリのオフィスチェアの座り心地はどうでしょうか?」

ー「オフィスチェアって、普通に買うと4~5万円近くすると思うんですが、流石ニトリ、このレベルのオフィスチェアを3万円弱で販売できるのはスゴイと思います。座り心地ですか?可も無く不可も無く、ですよ。会社の椅子に座って「この椅子、座り心地いいな~」と思わないのと同じように、標準的なレベルですね」

ー「座面がメッシュなのはどう思いますか?」

ー「蒸れ防止になると思いますが、最初はフネフネして慣れませんでした。好き嫌いが分かれるかもしれませんが、僕はこの点には拘りは無いです」

机に固定できる動くライト

動かないの?動くの?どっちなの?と聞かれそうですが・・・

 

写真の通り、

机にガッチリ固定するけどアームの部分は自由に動くライトです。

 

▼Amazonで購入。

ー「卓上ライトも机に固定できるものがあるんですね、知らなかったです」

ー「ええ、そこが拘りポイントです。以前は普通の卓上ライト、つまり、机との設置面が可動式の物を使っていたんですが、これが、何かと邪魔になって嫌だったんですよね。そして、よく考えたらライトを置く位置って固定で良いんじゃないかと思い直しました。ライトの部分は自由に動きますよ」

ー「机の固定できる部分、スッキリしてますね」

ー「ライトの強さも暖色/昼光色/白色から選択できますよ」

ー「VONCIというブランドの物だそうですが・・・聞いたこと無いブランドですが、大丈夫なんですか?」

ー「全く不満は無いですね、良い買い物だったと思います」

ディスプレイ用稼動アーム

これも机にガッチリ固定するタイプ。

ディスプレイ(モニター)を前後左右に動かすことが出来ます。

 

▼Amazonで購入。案外安い

ー「モニター用のアームを購入したきっかけは何ですか?」

ー「机の上をスッキリさせたかったからです。ほら、僕に与えられたスペースって限られているでしょう?その中で最適解を求めた結果が『モニターを宙に浮かす』だったんですよね」

ー「モニターを動かして使用されている様子は、見られませんが」

ー「えぇ。モニターを動かすためでは無く、『机の上をスッキリさせるため』に購入しましたから。基本的には定位置から動かしません」

PC台

ノートPCの高さって低すぎるので、ストレートネックには注意が必要ですね。何らかの形で高さをあげる工夫が必要です。

▼Amazonで購入

ー「これもやはり、机スッキリの美学が影響しているのでしょうか?」

ー「はい、机の上がスッキリすると、仕事が捗りますからね。机の上が汚いヤツで仕事が出来る人、聞いたことが無いです。ここはケチらず投資すべきところですよ」

USBポート増加ハブ

なんかこれも必要らしいです。ちょっとよくわからない・・・

▼Amazonで買ってました

ー「何故これが必要なのですか?」

ー「僕はPCを色んなデバイスに繋いで使用しますからね、PCに標準のポートでは足りないんです。これがあればたくさんUSBケーブル等を繋ぐことが出来ますよ。USBポートが一気に3つくらい増えるものと思ってください」

ー「その割には、一つのポートしか使用されていないようですが」

ー「いえいえ、時がきたら使うんですよ。いつか、そのうち、きっと使いますから」

良いキーボード

キーボードって拘りはじめるとキリが無いと聞きますが・・・私が知る限りでこれで5代目。結局優線のものがレスポンスが良く、これに落ち着いたようです。

 

▼Amazonで購入。値段知らなかったけど、キーボードって高いんですね

ー「キーボード、なんでこんなに買い換えたんですか?しかも黙って」

ー「そりゃあ、話したら怒られますからね。あ、でも買い換えたというのは語弊があります。実家に置いたりオフィスに置いたり、様々な場所で活躍してますよ。今や気分に合わせてキーボードも換える時代ですから、また別のも試すかもしれません」

保温マグ

先日、こちらの記事(→バルミューダのコーヒーメーカー。珈琲好きも絶賛する美味しさで、ミル無し高価格に納得した話。)で我が家のこだわりの珈琲について紹介していますが、こちらもその延長線。

珈琲を常にアツアツで楽しんでいます。

 

ー「使い心地はいかがですか?」

ー「温かい飲み物を入れても、マグカップの部分が全く熱くならないので、間違って火傷しないように気をつけなくてはなりませんね。サーモスはやっぱり優秀ですよ。おススメですね。蓋はプラスチック製の、置くだけのタイプなんですが、これがあるお陰で塵埃をガードできるので良いと思います」

スマホ立て

こちらは何の変哲も無い、スマホ立てです。

▼Amazonで購入

あったら便利というか、無いと不便な代物。

ワイヤレスマウス

これは皆さん拘りを持ってらっしゃると思いますが、

我が家ではロジクールのド定番を使用しています。

 

▼Amazonで購入。めちゃ高いな・・・

パネルヒーター

足元が寒いので、子供用のマット+パネルヒーターで対策しています。

 

▼Amazonで購入しましたが、モデルチェンジしていました

男の拘り、リモートワークスペース~まとめ~

いやこれ、実際、けっこう投資してますよね・・・

私も今回取材するまで、こんなになっているとは知りませんでした(特に興味が無かったので)。

 

合計金額は推して知るべし・・・ということでここでは明らかにはしませんが、なかなか投資している方かと思われます。

でも、今後リモートワークは常態化すると思うと、初期投資としてはペイするのではないかなと思っています。だってほら、一日の大半を仕事に捧げるので、快適で健康な環境、また、これは一番重要な点なのですが、ご本人様のやる気が出る環境を整えることは必要だと思うんですよね。

 

もう金額については、10年スパンで見て日割りで考えることにします笑

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。少しでも、参考いただけそうな箇所ありましたら幸いです。

では、またねー

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-日々のあれこれ
-,

Copyright© 双子とくらせば , 2022 All Rights Reserved.