育児・時短

2歳児が牛乳を飲まない!セノビー、セノビック、ミロを徹底比較。一番良いのはどれ?

2021-05-23

こんにちは、ペコリーノです。

 

我が家の2歳の双子は、1日1本のペースで牛乳を消費します。

 

ただ、ご消費なさってるのは、主に双子妹。

双子兄の方はイマイチ飲みが悪く、拡大する双子の身長差…

 

虫歯や肥満の原因になるので、牛乳に何か甘味を入れて飲ませることはやめよう!と思っていましたが、

2歳を過ぎても双子兄の身長が成長曲線の下方をずっと推移しているのが気になり始めました…

 

如何なる手段を使ってでも、牛乳を飲ませねば。

 

双子兄は決して「牛乳NG!!」という訳ではありません。

飲む時は飲む。ただ、飲まない時は飲まない。

 

双子兄を観察していてわかったのですが、牛乳の飲みが悪いのは、

喉が渇いていないのにわざわざ牛乳を飲むインセンティブが沸かない

ことが原因である模様です。

 

なので解決策は単純で、

牛乳を飲むと、甘くて美味しい」というメリット

を提供すれば良いと思い至りました。

 

試しにセノビーを牛乳に混ぜて飲ませてみました。

 

すると、「おいち~ぃ」と単純に喜んで、ゴクゴク飲むようになりました。←拍子抜けするくらいめちゃくちゃ単純だった。子供は甘けりゃ好きになる、以上。

 

基準量より、ホンっとうに薄いセノビーですが(最初は普通の濃さを飲ませたけど、徐々に薄くした。前々気づかない笑)、牛乳を飲ませるという目標は達成です。

 

とふと気になったことが。

以前、牛乳フォオーアップミルクセノビックの栄養比較をした記事を書きましたが、

フォローアップミルク、牛乳、セノビックの栄養成分比較。一歳児におすすめはどれ?

続きを見る

さて、フォローアップミルクを卒業した今、

牛乳に混ぜて供するのに最も適した具(?)ってなんなのかしら?

 

私は子供向けて牛乳に混ぜるような具はセノビーセノビックミロくらいしか知りません(通販で怪しい粉とか色々あるかも…)

これらの栄養成分等を比較してみました!

▼こちらがセノビー

▼これがセノビック

▼ド定番のミロ

セノビー、セノビック、ミロの製造メーカーは?

  • セノビー…森永製菓
  • セノビック…ロート製薬
  • ミロ…ネスレ

です。

なんとなく、製薬会社が製造しているという点でセノビックが一番効きそうな感じがしいますが、

実際どうなんでしょうか?

セノビー、セノビック、ミロの栄養成分比較

▼気になった成分を、含まれる量が多いとメリット→赤マーカー、含まれる量が多いのはデメリット→青マーカーしてます

  牛乳200ml 牛乳150ml+セノビー12g 牛乳150ml+セノビック8g 牛乳150ml+ミロ15g
熱量 138kcal 142kcal 135kcal 164kcal
たんぱく質 6.8g 6.1g 5.7g 6.3g
脂質 7.8g 6.6g 6.4g 7.5g
炭水化物 9.9g 15.9g 13.9g 18.1g
ナトリウム 85mg - 63mg -
カリウム 310mg - 233mg -
カルシウム 227mg 510g 300mg 395mg
マグネシウム 21mg - 16mg -
リン 192mg - 144mg -
鉄分 0.04mg 3.8g 3.03mg 3.2mg
亜鉛 0.8mg - 0.6mg -
0.02mg - 0.015mg -
ビタミンA 78μg 155μg 58.5μg -
ビタミンD 0.6μg 4.0μg 3.25μg 2.2μg
ビタミンE 0.2mg - 0.15mg -
ビタミンB1 0.08mg 0.43mg 0.06mg -
ビタミンB2 0.31mg 0.38mg 0.23mg 0.53mg
ナイアシン 1.3mg 3.8mg 0.97mg 4.8mg
ビタミンB6 0.06mg - 0.04mg 0.45mg
ビタミンB12 0.6μg - 0.5μg 1.1μg
葉酸 10μg - 7.5μg -
パントテン酸 1.14mg - 0.86mg -
ビタミンC 2mg - 11.5mg 16.5mg

▲出典:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」、セノビー商品パッケージ、ROHTOオンラインショップ、ミロ商品パッケージ

肝心のカルシウムの含有量はセノビーがダントツ

  牛乳200ml 牛乳150ml+セノビー12g 牛乳150ml+セノビック8g 牛乳150ml+ミロ15g
カルシウム 227mg 510g 300mg 395mg

我が家では

カルシウムを摂取して骨、骨、骨を作るぞ!!

 

ことが今回の甘味導入の目的なので、

この結果を見ると、もうセノビー一択ですね。

ミロは美味しい=美味しさはヒミツ、糖と脂肪が多目

これは味からもなんとなく想像できたことなのですが…

ミロは栄養補助食品というより嗜好品に近いかもしれませんね。

 

だってミロ、美味しいもん。

  牛乳200ml 牛乳150ml+セノビー12g 牛乳150ml+セノビック8g 牛乳150ml+ミロ15g
熱量 138kcal 142kcal 135kcal 164kcal
脂質 7.8g 6.6g 6.4g 7.5g
炭水化物 9.9g 15.9g 13.9g 18.1g

ミロよりもセノビーの方が「鉄」の含有量が多い

少し前に、

ミロは鉄分が豊富だから女性によい!

という触れ込みがSNS上でバズって市場からミロが消えた…

なんて現象があったようですが、

 

ミロよりもセノビーの方が鉄分多いじゃん。

  牛乳200ml 牛乳150ml+セノビー12g 牛乳150ml+セノビック8g 牛乳150ml+ミロ15g
鉄分 0.04mg 3.8g 3.03mg 3.2mg

まぁ、バズッた方向性としては、

「美味しいのに鉄分も摂れるなんて、まぁ、ステキ!」

なのでしょうが。

 

セノビーとミロを"味"で比較してみると、

うん、やっぱりミロの方が濃厚でよりココア感ありますねぇ…

くまさん
ミロはずっしりとした満足感あり。他はサラッとしたココアといったイメージ!

グラムあたりの値段はミロが圧倒的に安い

ミロが安いというか、

セノビー、セノビックがお高いです。

 

購入する場所にも寄りますが、お安い順に以下のイメージです。

ミロ<<ドーバー海峡<<セノビー<<セノビック

 

セノビック、高いな。。。

こういう商品は毎日消費するものなので、手軽な値段であることも大事なポイントですよね。

 

一応、我が家で飲んでいるセノビーですが、こちら180g入りの袋。

牛乳150mlに対し製品12グラムなので、この1袋で15回分です。(1日1杯が推奨なので半月分ですね)

 

私は再安だったAmazonで買って764円。なので、1日あたり50円という計算です。

総合点はセノビーに軍配

お値段はしますが、

目的が「牛乳によるカルシウム摂取」という我が家にとっては、

現時点ではセノビーという選択肢がベストなようです。

 

でも美味しく飲める分、肥満や虫歯のリスクも上がる訳で、

母としてはやっぱりプレーンな牛乳で満足するようになって欲しいところ。

なので、目下のところとしては、セノビーで牛乳飲んでもらおうと思いますが、目指すは「牛乳のようなココア」

 

ギャグ漫画でよく目にする、「水のようなカルピス」のイメージです笑

 

セノビーを続けてみて、

劇的に身長が伸びたらまた記事にしますね!

劇的に横幅が拡大した場合も記事にします笑

 

では、またねー

  • この記事を書いた人

ペコリーノ

男女双子の母。東京都在住。 面白おかしい双子育児の現場や、心の底からオススメしたい育児グッズ・おもちゃについて、主に綴ります。

-育児・時短
-,

Copyright© 双子とくらせば , 2021 All Rights Reserved.